人気ブログランキング |

タグ:日帰り旅 ( 2 ) タグの人気記事

みさきまぐろきっぷ 後編



遅くなりましたが
11月末に出かけた
みさきまぐろきっぷ 日帰り旅の後編です

さて、品川駅から京急線に乗り
京急三崎駅からバスで三崎港に向かい
水中観光船「にいろさかな号」を満喫し
産直センターうらりで買い物をして
「紀の代」で
まぐろ三昧の昼食までが前編でした


そしてここから後編です


順番待ちの列ができた紀の代を出た後
お店から歩いて1分くらいの場所にある
「日の出」バス停から
三崎駅行きのバスに乗り
「引橋」バス停で下車
そこから歩いてすぐのところにある
「小網代の森」へ向かいました
(三崎駅から向かうなら徒歩で行けます)


f0338557_12562074.jpg

小網代の森のパンフレット



実は先月も 小学校代休を利用して
親子三組で三崎に行きました
その時には気づかなかったのですが
今回は京急品川駅の窓口で
小網代の森のパンフレットを見つけました


ここは
「源流から海までの生態系が
自然のままに残る関東唯一の森」

自然環境保護のために
散策路以外は人工的な整備がされていない
森や湿地を散策することができます


f0338557_12124920.jpg

引橋バス停を降りると
これから歩く森が見えてきます
ちょっとわくわくしますねー

10月末頃から4月末頃までは
冬眠中でアカテガニが見られないそうで
それもあってか
散策中は ほとんど人に出逢わず
静かな森に 風の音と鳥の鳴き声が響き
心身ともに洗われました



f0338557_12132698.jpg


ひと気がなく 澄んだ空気の中を歩きます
ほどよい湿気が心地よい



f0338557_12140590.jpg


時々響くのは
息子の笑い声と足音
あの木!登れそうだねー なんて
でも、散策路から出てはいけません



f0338557_12563751.jpg


小網代の森のパンフレット
持ち歩いて しわしわに…

「ほぼ日刊イトイ新聞」に
小網代の森のについてのコラムがありました
↓こちら↓


小網代の森の散策は
引橋入口から入って海に向かって歩き
宮ノ前峠入口から出ました

そこから
小網代湾沿いにシーボニアマリーナまで歩き
坂道を登っていくと県道216号
県道を そのまま油壺まで歩きます

これが結構遠く感じてくたびれましたが
疲れを癒すとっておきが待っているんです



f0338557_13414289.jpg



はい 絶景の露天風呂!
(画像はホテル京急油壺観潮荘からお借りしたものです)
海を見ながらの入浴は最高に気持ち良いものですね

こちらの入浴施設は
天然温泉ではありませんし
それほど広くはないのですが
露天風呂は海洋泉というもので
かなり身体が温まりましたよ

お風呂から出たら
畳敷きの休憩スペースでのんびりできるので
日帰り入浴も快適!

入浴料 大人1000円 小人500円
アンケートに答える割引券で2割引になります

みさきまぐろきっぷのレジャー券も使用できますが
私達はすでに
にじいろさかな号で使用していたので
別料金でお支払いしました

あ 支払いは現金のみ
クレジットカードは使えませんのでご注意を
私達 現金の持ち合わせが少なくて
危うく入浴できないところでした
情けなーい(汗)

それと みさきまぐろきっぷの
レジャー券を使って入浴すると
フェイスタオルのみ
無料で貸してもらえるのですが
普通に日帰り入浴利用の場合には
タオルは一切付きません
300円の別料金で
バスタオルとフェイスタオルを
借りる事になりますので
タオル持参もありでしょうか

とまあ 最後はお風呂で疲れを癒し
最寄りの「油壺」バス停から
三崎駅行きのバスに乗り
三崎駅からまた京急線に乗って
帰路についたのでした

京急の みさきまぐろきっぷ
かなりお勧めですよ♪


by coty-coty | 2014-12-10 12:12 | おでかけ

みさきまぐろきっぷ 前編

三連休最後の月曜日
京急線の“みさきまぐろきっぷ”を利用して
三崎港まで出かけてきました



f0338557_11340438.jpg


みさきまぐろきっぷ
品川駅発で大人3060円
往復の電車とバスのフリーパス
指定された中から
好きなお店を選んでの
マグロ三昧の昼食
レジャーの利用

かなりお得で楽しめる切符です



京急本線快速特急で1時間7分
三崎口駅に到着
そこから京急バスで三崎港へ

まずは水中観光船「にじいろさかな号」で



f0338557_11344521.jpg


魚がいるポイントに到着したらエンジン停止
思っていた以上に透明度が良くて
魚もたくさん見る事ができました



f0338557_11350425.jpg


メジナの群れやフグ
クロダイの子供もいました



f0338557_11352465.jpg


幻想的です



f0338557_11361725.jpg


所要時間は約40分
ポイントに到着したら
魚に餌付けするグループと
展望室で魚を観察するグループに分かれ
どちらも楽しめるようなシステムになっています



f0338557_11363554.jpg


帰りには別料金(50円)で
カモメの餌やりもできるのですが
東京湾近くに住んでいる私達には
カモメがいる風景は日常的なので
遥か遠くから飛んできた鳶の群れが
次々に餌をキャッチする姿に感動しました

二十代の頃に
主人と浜辺でハンバーガーを食べていたら
鳶に横取りされたことがあります
狐につままれた というような
一瞬 何が起きたか理解できない感じ…

そんな鳶ですが
手に持っている餌を取っていくことはなく
(くれると知っているから?)
投げた餌を空中でナイスキャッチ!
その姿はとってもかっこ良かったです



f0338557_11365441.jpg


港に帰ってきたら
産直センターの 三崎フィッシャリーナウォーフうらりで
熱々の焼きハマグリを食べ
(スープも飲み干し美味しかったー)
息子はマグロの串揚げも食べ
(親は食べず…美味しかったそうです)
もう一本食べたい!というのをなだめて



f0338557_11373266.jpg


お昼ご飯を食べに「紀の代」へ



f0338557_11371085.jpg


これが食べてみたかった「とろとろ丼」
赤身のヅケ、ビントロ、ネギトロ、ほほ肉のユッケ
いろいろなマグロが楽しめます
丼の他には
マグロのつみれ汁と小鉢が付きます
この日の小鉢はマグロの皮の煮こごりで
さっぱりとして美味しい珍味でした
普段から息子は何でも食べるので
煮こごりも美味しいと食べていましたが
子供には小鉢ではなく卵焼きがでてきました
嬉しい心配りですね

そうそう
お隣の「くろば亭」に並ぶ人達を横目に
「紀の代」に入った12時ごろ
他には一組のお客さんしかいませんでしたが
あっという間に満席になり
食べ終えて店の外に出ると沢山の人が並んでいました
12時を過ぎるとあっという間に混んでくるのかも知れないですね

すし飯のあじも良くボリューム満点
三崎港でお昼を食べるなら
「紀の代」
お勧めできますよー

マグロでお腹いっぱいになった後は
小網代の森に向かったのですが
長くなるといつまでも更新出来ないので
忘れないうちに前編のみUPしておきます



by coty-coty | 2014-11-28 11:29 | おでかけ